Nagra VFS / CLASSIC VFS - Nagra

Nagra VFS / CLASSIC VFS

VFS

無振動支持構造 (VFS)
VFSとCLASSIC VFS (アンプおよび音源向け) は、いずれも2枚のベースプレートを重ねることで機械振動を吸収し、システムの他の要素、特に繊細なプリアンプにノイズが入るのを防ぎます。 CLASSIC VFSは、HD DAC、CLASSIC DAC、TUBE DAC、CLASSIC PREAMP、CLASSIC AMP、CLASSIC INT、CLASSIC PSUなど、標準のVFSプレートよりも大きなシャーシを持つ製品向けに特別に設計されています。

VFS feet geltec gel rubber splitted to bottom

無振動支持構造

VFSとCLASSIC VFS (アンプ用と音源用) は、2枚のアルミプレートから構成されているシステムです。2枚のアルミプレートを上下に重ねることにより、外部から伝わる機械的な振動を防いでいます。ハイファイシステムでは振動吸収の重要性が過小評価されることが多いのですが、機器の性能を最大限に引き出すためには、振動吸収の仕組みを慎重に検討する必要があります。Nagra製品のすべての電子回路基板には、特殊な振動吸収ブロックが組み込まれていますが、VFSを使用すると、さらに高品質なサウンドを再現することができます。

VFS feet geltec gel rubber

特徴

振動は、音楽の音響波によって発生して地面から伝わってくる場合もあれば (近隣を走る車両などから伝わる場合など)、CDやLPを再生しただけで振動が発生する場合もあります。

VFSには、宇宙に関する機関向けに開発された技術を採用。大幅な振動減衰と衝撃吸収を可能にする非常に特殊な減衰材料を使用して製造されています。VFSの右半分と左半分では特定の範囲の機械的周波数を吸収するための異なるクッションが使用されています。そのためVFSはともに使用する必要がある二重構造のプレートで構成されています。

真空管機器は、ソリッドステートデバイスと比べて、振動に対して非常に敏感です。そのため、Nagraの真空管機器では、VFSを使用することを強くお勧めします。

Spikes kit 3

スパイク / 脚

VFSには、3つのスパイク (脚) が付属しています。これらのスパイクは、ユニット下部のVFSプレートにネジで固定されています。これらのスパイクは、完全に非磁性の銅-ニッケル-亜鉛非鉄合金であるARCApから機械加工されています。スパイクの先端は、強度、硬度、安定性の点で金属とプラスチックの中間に位置する特性を持つデルリン樹脂で作られています。これらのスパイクにより、Nagraのハイファイコンポーネントを振動から防いでいます。

真空管機器は、ソリッドステートデバイスと比べて、振動に対して非常に敏感です。 そのため、Nagraの真空管機器では、VFSを使用することを強くお勧めします。

VFS feet geltec gel rubber with VPS Valve phono stage preamplifier

技術仕様

VFS

上部プレート: 27.7 x 22.7 cm
下部プレート: 28.6 x 23.7 cm / 11.2 x 9.3インチ
全高: 2.1 cm / 0.82インチ
重量: 2.5 kg / 5.5ポンド

CLASSIC VFS

上部プレート: 33.8 x 27.7 cm / 13.3 x 10.9インチ
下部プレート: 34.8 x 28.7 cm / 13.7 x 11.3インチ
全高: 2.1 cm / 0.82インチ
重量: 4 kg / 8.8ポンド


VFSゲルの機械仕様

最適荷重 (kg/4脚) – 上部プレート : 5〜15、下部プレート : 15〜50
共振点 (Hz) – 上部プレート: 26〜18、下部プレート: 22〜15
共振倍率 (dB) – 上部プレート: 13、下部プレート: 20〜18
推奨周波数 (Hz) – 上部プレート: 37〜、下部プレート: 30〜
たわみ (mm) – 上部プレート: 1.1〜2.2、下部プレート: 0.7〜2.0
色 – 上部プレート: オレンジ、下部プレート: 青
レビュー

VFSは他のNagraハイファイコンポーネントのレビューで言及されています。

実際にお試しください

デモを予約
NAGRA CLASSIC DAC set up digital to analog converter CD Seven AMP PSU Wilson
上へ 上へ