NAGRA HD DAC X - Nagra

NAGRA HD DAC X

HD DAC X HD PSU front modulometer peclette

世界的に有名なNagra HD DACが進化したThe HD DAC X。 HD PREAMP向けに開発された多くの最新技術を取り入れています。
その結果、温かみや質感が感じられる生きたサウンド、卓越したダイナミクスと、他のD/Aコンバーターでは実現不可能だったレベルの広範囲の周波数応答を実現しました。

デモを予約
HD PREAMP modulometer peclette Nagra HD PSU remote control

電源装置は非常に精巧な構造になっており、超高速炭化ケイ素整流ダイオード、超低ノイズ電圧レギュレーター、一連のスーパーキャパシターで構成された仮想バッテリー (HD Preampのバッテリーの3倍大) が使用されています。新しいHD DAC Xには、37個の独立した超低ノイズ電源を搭載。RCAとBNCの両方にAES-EBUとS/P-DIFが搭載され、Nagraの高解像度音源を受信するためのNagra LinkシングルモードST-1光学入力が2つ装備されています。USB入力では、8コアX-Mosチップをベースとして設計された独自のソフトウェアが使用されています。

Nagra HD DAC X HD PSU front modulometer peclette

この新しいNagra HD DAC Xでは、超高精度で超低ジッターのクロックが使用されています。高性能のFPGAにより、すべての内部計算が実行されます。すべての入力信号が、DSD256形式 (11.2 MHzサンプルレート) に変換されます。

デジタルタイプの主電源のノイズレベルはHD DACの30分の1で、非常に低ノイズの回路が使用されています。この新しい電源のノイズレベルは、0.4〜0.8 µV rms (10 Hz〜100 kHz) です。デジタル部だけで、16個の超低ノイズ電源を使用。デジタル入力部とD/Aボードは、8層構造の高精度PCB上に配置されています。

HD DAC X HD PSU front peclette

アナログ部は、非常に独自性の高い設計になっています。Nagra HD DACでの稼働実績のあるソリューションを改善し、採用。HD PREAMPと同様に、デュアルモノトポロジーが使用されています。D/Aボードから発出するアナログ信号は、インピーダンスを大幅に低下させる左右対称の電流増幅器に送信されます。この独自の設計により、非常に高いレベルの性能が実現します (1800 V / µSでステージ間トランスの28 H誘導負荷)。フィードバックやゲインが発生することはありません。

HD DAC X connectors back xlr rca HD DAC X connectors back HD DAC X connectors
HD DAC X modulometer peclette Nagra HD PSU top

自社製トランス

電圧ゲインを実現できるのは、新世代のNagraトランスだけです。このトランスのもう1つの役割は、オーディオ信号のバランスを崩してシングルエンド真空管の性能を引き出すことです。このトランスは、スイスにあるNagraの工場で、熟練した専門のトランス技術者が製造しています。このトランスの性能が新しいNagra D/Aの全体的な品質の鍵となるため、厳しい品質テストを行っています。

信号がトランスを通過すると、2つのNOSミリタリーJAN5963真空管 (チャンネルごとに1つ) で構成されるセクションにより、インピーダンスがさらに低下します。この仕組みは、カソード出力設計によって実現します。加熱フィラメントの電圧が真空管ごとに個別に調整されるため、ノイズが非常に低くなります。この部分は、フィードバックが発生しないように設計されています。また、Nagraの仕様に従って特別に製造されたコンポーネントなど、多数の特殊なコンポーネントが使用されています。

Nagraの機械エンジニアは、新しく設計されたHD Preampの振動防止スタンドを採用し、マイクロフォニック雑音を大幅に低減することに成功しました。

HD DAC X HD PSU front sampling rate

数々の受賞歴

HD DAC Xは、前回のRocky Mountain Audio Festでリリースされ、5つのBest Sound of Showアワードを受賞しました。

「…中でも、Storyville Recordsからリマスタリングハイレゾ音源として発売された、サニー・ボーイ・ウィリアムソンの『The Blues』と『The Sky is Crying』(DSD 256) は特に強く印象に残っています。『The Sky is Crying』は、彼が66歳くらいのときに録音された作品ということで、とても驚きました。年齢を重ねた話し声と、驚くほど甘い歌声との対照的なコントラストに、思わず息をのみました」Jason Victor Serinus、Stereophile

HD PREAMP modulometer peclette Nagra HD PSU remote control

「DSD限定版としてリリースされた『Carmen Gomes Sings the Blues』に収録された曲も、極上のサウンドに仕上がっていました。オリジナルのアセテート盤から1948年にレコーディングされたペギー・リーの曲も素晴らしいサウンドになっていて、本当に感動しました」

その後、Julie Mullinsにより「Best of Show」でNagraとRockportが紹介されました。
「素晴らしいサウンドと優れたデモ素材といえば、Nagraは新しいHD-DAC-X (65,000ドル) を、HDシリーズの電子機器、Nagraのビンテージテープデッキ、Rockportのスピーカーに導入しました。René Laflammeは、ノラ・ジョーンズの新しいライブアルバム (DSD256にアップサンプリング) からサニー・ボーイ・ウィリアムソンにいたるまで、さまざまな高音質の曲をリリースしてきました。また、1948年にモノラルで録音されたペギー・リーの『Bye, Bye, Blackbird』のデジタルファイル転送版など、レアな作品もリリースしました。当時の彼女の声は、後年の歌い方に比べてより自然さを感じさせるスタイルになっています」

HD DAC X HD PSU front peclette
動画を再生

HD DAC Xの概要

詳しく見る

技術仕様

エレクトロニクス

デジタル入力:AES/EBU x 1、S/PDIF x 2、NAGRA-LINK x 2、オプティカル x 1、オーディオUSB (UCA2) x 1
アナログ出力:ステレオRCA x 1
ステレオXLR x 1
出力レベル:1.5 VRMS
出力インピーダンス:200オーム未満
アナログ出力ノイズレベル:-128 dBr @ 1 kHz 1.5 V
検討の必要なし
ひずみ:0.02 %未満 @ -20 dBfs
0.005 %未満 (H2フィルタリング) @ -3 dBfs
周波数応答:5 Hz~40 kHz  +0 / -1 dB
クロストーク:110 dB超 @ 1 kHz
100 dB超 @ 20 kHz
チャンネル間フェーズ:0.05°未満 @ 1 kHz
0.3°未満 @ 20 kHz
< 0.5°未満 @ 50 kHz
リモートオートメーション:入力3.5mm (1/8インチ) x 1、ステレオジャックソケット – 入力コマンド
出力3.5mm (1/8インチ) x 4、ステレオジャックソケット – リレーによる出力切り替え
ホームオートメーション:SUB-D9コネクター x 1 – RS232 115200ビット/秒、8データビット、パリティなし、1ストップビット
主電源:100V~、115V~、120V~、127V~、230V~、または240V~
調整不可 – ±10%、50~60Hz
消費電力:最大170W
メインヒューズ:S230V~ – 240V~ -> T 2A L (FST 5x20mm 250V)
100V~ – 127V~ -> T 3.15A L (FST 5x20mm 250V)
稼働温度:+15°C~+35°C (+59°F~+95°F) – 適度な温度環境
稼働環境:屋内専用 – IP30
寸法:電源シャーシ (HD PSU): 433 x 436 x 121 mm (17.05 x 17.17 x 4.76インチ)
オーディオ装置シャーシ: 433 x 436 x 121 mm (17.05 x 17.17 x 4.76インチ)
重量:電源シャーシ (HD PSU): 16.5 kg (36.38ポンド)
オーディオ装置シャーシ: 13.5 kg (29.77ポンド)

仕様は予告なく変更される場合があります

実際にお試しください

デモを予約
HD DAC X HD PSU front modulometer peclette
ダウンロード

ユーザーマニュアル: 英語

Windows 7~10用のドライバー

ニュースレター
レビュー

その他の製品

上へ 上へ